無料ブログはココログ

« TJAR完走記その6 | トップページ | 第68回富士登山競走 »

2012年9月 7日 (金)

TJAR完走記その7

 今回、完走記を書いたのは、一生の思い出を書き留めておこうなんてものではない。次回TJARに出ようと思っている人の参考になればいいなと思っての事。だから、楽しかったとか、つらかったとか、心情の描写は原則避けて、今後取り組む人にとって意味のありそうな情報を書いたつもり。例えばTwitterには「塩見小屋なう。遅れ気味。」と弱気発言していても、事後に確認した実データが悪くなければ、ここでは「ペースは落ちてない」と書いている。また、取り組みについてもありのまま書いた。私のレース結果は書いた通りのものだし、取り組みもULの一般的なアプローチと思うので、新しい発見が!と言うほどのモノはないだろう。なので、参考になったというだけでなく、自分ならもっとこうするのにとか広い意味でどなたかの参考になれば。

以下は行動指針とか。

§レースコンセプト

 「がんばらない」と「快適」。過去のレース情報を見ると、寝ずに歩いて、走って、幻覚と闘いながらボロボロになってゴールするというログが多いし、タイムデータからも見てとれる。ここに疑問が。

 命題「寝ないで行動を続ける方が速いのか?」

ちゃんと寝た方が速いんじゃないの?を実証しようと試みた。これが行動原理。具体的には、

 1.原則日没までに行動終了
 2.朝は4:00行動開始

であった。これで、しっかり寝ようと。このため、質の高い睡眠が可能な快適スリーピングシステムと行動の質を高めるための超軽量化を進めた。超軽量化については装備だけでなく、自体重の減量も行った(5~7月で8kgの減量/62.5kg→54.5kg)関係ないけど、痩せる余地のあるU.L.ハイカーには私自身疑問があるから念のためね。

 それと、コンセプトとは別にマイルールとしてもう一点

 3.原則、正規のテン場以外で幕営しない

 ファストビバークになる可能性があるのを認識しながら、次のテン場を目指すというのは避ける。正直、ファストビバークなしには成立しないんじゃないかと事前には思っていて、エントリもためらっていたのだけれど、主催者は個々であり、自分はなんとかできそうだと言う事で、なら良いだろうとした経緯がある。※ファストビバークになる可能性っていうのはどんな行動にもあるのであって、リスクの程度の話です。ファストビバークをせざる得なくなった選手を責めているわけではありません。念のため。

§結果
 
 睡眠は、
 
 1日目 19:30~3:00 7時間半
 2日目 23:30~4:15 4時間45分 
 3日目 19:30~3:30 8時間   
 4日目 23:30~4:00 4時間半  
 5日目 19:30~3:00 7時間半  
 6日目 21:30~3:45 6時間15分 
 7日目 不明 2時間        

 で、40時間(過小申告気味)ほど。少なくなってしまった日もあるけど、全選手中最長でしょう。寒くて深夜起きてしまったということもなかった。素早い行動については登山道区間については最初から最後までほとんどペースは変わらなかった。ロード区間は日にちがたてば経つほどペースが落ちたけど。

 で、命題の「寝ないで行動した方が速いのか?」はどうなのか?結局、毎日じりじり順位を落としていった。剱7着がゴールは17着。行動速度は落ちていないにも関わらずで。コレ、うさぎ作戦より「カメ作戦の方がやっぱり速い」を示したと自分では結論付けたい。「寝た方が速いんじゃないの」という仮説は誤りだった。程度の問題もあるでしょって言う意見もあるかもだけれど、覇者である望月選手は今回トータルで9時間、また、過去2度制している田中選手は寝ないで行動する代表格みたいな人であって、中位の選手より、さらに少ないと言うこともある。幾人かの選手ログで「最初は寝ないで進むのがきつかったけれど、日にちが進むにつれ、極度の眠気が来た時、道路わきに座って5分でも目を閉じて休むとまた動けるようになる。これをマスターした。」的な記述を見かけた。このあたり重要なのかなと。そんなところ。

★おわりに
 ともあれ、運営のみなさん、山小屋の方々、道中出合った登山者の方々、みなさまあっての選手であると痛感しました。ありがとうございました。

« TJAR完走記その6 | トップページ | 第68回富士登山競走 »

2012 TJAR」カテゴリの記事

コメント

初めまして、みさごと申します。
TJAR完走記、読ませていただきました。素晴らしい体力と経験、判断力、知識をお持ちで、そして創意工夫されている事がとても伝わってきました。
実は自分もTJAR出場、完走を狙っています。トレイルランの経験は全くなく、登山経験とちょっとしたロードぐらいしか経験はありませんが、後1年、準備をして選考会へ臨みたいと思っています。
色々お聞きしたい事があるのですが、管理人様がよろしければ、質問させていただいてもよろしいでしょうか?ご検討よろしくお願いします。

みさごさん、はじめまして。
読んでいただけて光栄です。
私で良ければなんなりと訊いてください。わかる範囲でお答えします。

世之介 様

お世話になります。
メール返信させていただきました。もし迷惑フォルダに入るようでしたらご連絡ください。すぐ対応させていただきます。

それでは良いお年を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1752093/46985225

この記事へのトラックバック一覧です: TJAR完走記その7:

« TJAR完走記その6 | トップページ | 第68回富士登山競走 »